英語力の強化を

男性と女性

日本の英語教育の弱いところ

日本では2020年には来日観光客を2,000万人にするという目標を持っている。最近の円安や東南アジアや中国に対するビザの緩和が貢献して来日外国人が1,300万人を越えるようになっている。現在の状況が続けば2,000万人の達成は前倒しで実現する可能性がある。しかしながら来日観光客は新宿を始め、日本の都市に外国語の案内が少ないので苦労をしている。英会話の得意な日本人が少ないのもネックである。日本では小学校から大学まで長時間英語の教育を行っているにも拘わらず英会話を離せるようになる人の数が少ない。英語教育が文法や読み書きに偏っていることが原因である。英会話を学ぶためには新宿などのターミナルにある英会話学校が便利である。

繁華街の表示から変えていく必要がある

東京でも銀座や新宿を歩いていると外国人の多さに目を見張る。以前は秋葉原やアメ横など日本でも特別な場所が外国人の人気を集めていたが、最近は銀座や新宿のデパートが人気を集めている。日本人は誰でもが第二外国語を話せるようになるのが理想である。そのためには学生もビジネスマンも通うことが出来る語学学校が交通の便の良いところにもっと開設される必要がある。そのことで英会話を学ぶ層が増大する。同時に外国人に優しい街に代えるために標識や案内板を外国語で表示するようにしなければならない。英語は基本であるが、中国語やハングルも必要である。日本人も英会話で自信をつけることが出来れば第二、第三の外国語にもチャレンジするようになる。現に海外には何か国語も話せる人がたくさんいる。

Copyright© 2017 英会話を学びグローバルに羽ばたく|イージーな英語使用法 All Rights Reserved.